教育と法の関係について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数768
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価Aでした。参考までにお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育と法の関係について、考えるところを述べよ。」
    教育とは、他人に対して、意図的な働きかけを行うことによって、その人間を望ましい方向へ変化させることである。この、人間と人間との関わり合いの中で行われる教育を考えるとき、切り離すことができないのが法である。
    法とは、自由や権利、義務や責任を明らかにし、社会に秩序と平和をもたらすために、人間が作る規範である。教育に関する法は、日本国憲法をはじめ、教育基本法、学校教育法、地方公務員法、教育公務員特例法、地方教育行政の組織及び運営に関する法律、さらには児童の権利に関する条約など多数ある。
    教育に関する全ての事柄は、事細かに法で規定されているのである。たとえば、学校教育法には、学校の範囲や学校の設置、授業料の徴収、児童・生徒の懲戒、健康診断など、学校制度に関する総則的な事項を取り上げている。また、義務教育、学校種別ごとの就学義務や教育目標、教育課程など、学校教育の基本的な事項を定めている。
    学校現場では、これらの法が普段の学校生活にどのように関わっているかなどを日常的に意識されることは少ない。法を身近に感じながら授業を行う教師、もしくは受ける児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。