「臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について」 評価A

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数487
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について」
     ストレス社会といわれる現代では、大人も子どもも精神的な負担を抱えている。躁うつ病患者数や自殺者数は年々増加し、身体疾患の50%~70%が何らかのストレスが関連していると多くの医者が同意している。また、教育現場では、子ども達は社会変化や家庭環境など周囲から様々な刺激を受け、いじめや不登校、学級崩壊などの問題を引き起こしている。これらの問題に対して、臨床心理学は非常に大きな効果をもたらすとされ、今日では医療領域や教育領域など多くの場面で活用されている。
    臨床心理学とは、すべての個人を対象とした心の健康に関わる心理学である。心の病は誰もがなり得るものであり、臨床心理学は、セラピストがクライエントに対して心理査定や心理療法を行い、問題行動だけでなくその根本となる心の問題から解決し、前向きで幸せに生きる方法を模索させ援助するものである。しかし、ただ形どおりに診断・治療を進めても効果的には行えない。臨床心理学においては、クライントの根本からの問題を見極めることが重要であり、個に即した多岐に渡る人間理解からその人知ることが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。