「保育・教育等の現場における音楽活動がなぜ必要なのかを述べよ。」 A評価

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,473
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「保育・教育等の現場における音楽活動がなぜ必要なのかを述べよ。」
     音楽は、人に感動や安らぎを与えたり、時には行動力や能率を高めてくれることがあるとされ、今日の私たちの日常生活の中では様々な地域や国の音楽を耳にする機会が溢れている。教育現場においても、音楽に触れる機会は多い。たとえば、チャイムはトーンチャイムを使ったメロディーで、授業の始め・終わりを知らせたり、登下校にはクラシック音楽などを流し、時間を知らせている。また、学校行事においては、運動会でクラシックやJ-popなどの曲を種目別に流したり、入学式や卒業式では雰囲気づくりのために曲が使われている。
    音楽科授業では、「鑑賞」と器楽・歌唱・音楽づくりから成る「表現」の2つの活動が行われており、音楽指導を行う際には、指導者は様々な基本事項を身につけておかなければならない。
    (1)音楽指導における基本事項
    ①歌唱活動
    歌唱指導においては、ただ児童たちに大きな声を出させるのではなく、「自然で無理のない発声」を身につけさせることが重要である。「自然で無理のない発声」とは、児童一人ひとりの声の個性を生かしながら曲想に合った歌い方を児童自身が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。