道徳教育の要である道徳の時間を、児童の心に響くとともに主題のねらいを達成する学習指導の構想を述べよ。 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数193
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本小学校道徳子ども社会学校教師発達文化

    代表キーワード

    道徳教育

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「道徳教育の要である道徳の時間を、児童の心に響くとともに主題のねらいを達成する学習指導の構想を述べよ。」
     平成10年の教育基本法改正で、道徳教育は、道徳の時間を要として、学校の教育活動全体を通じて行うこととなり、児童生徒の心身の発達と人格形成の過程の中で、非常に重要なものとなった。
    これまで日本の道徳教育は勉強の二の次であった。学校や親は子ども達に、内面の豊かさよりも知識の量を求め、何が正しくて何が悪いかの教育を重視してこなかったのである。そのため、子どもの個性や独創性が失われ、道徳的精神も崩れるようになり、新たに道徳教育が見直された。
    小学校指導要領における道徳教育の目標は、「第1章総則」の「第1教育課程編成の一般方針」の2で次のように示されている。「道徳教育は、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき、人間の尊重の精神と生命に対する畏敬の念を家庭、学校、その他社会における具体的な生活の中に生かし、豊かな心をもち、伝統と文化を継承し、発展させ、個性豊かな文化の創造を図るとともに、公共の精神を尊び、民主的な社会及び国家の発展に努め、進んで平和的な国際社会に貢献し未来..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。