小児保健 小児に多い呼吸器系疾患について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数486
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    小児

    代表キーワード

    小児保健呼吸器系疾患

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小児に多い呼吸器系疾患について述べていくのであるが、その多くは「かぜ」と一般的に呼ばれているものである。「かぜ」とは「かぜ症候群」の略称であり、ほとんどがウイルス病原で起こる急性気道感染症である。病原としては約200種類が知られている。小児では罹りやすい季節はあるものの一年中休みなく「かぜ」に罹ってしまう。しかし病原体をみると夏の「かぜ」、秋冬の「かぜ」、一年中かかる「かぜ」に分けられる。秋から冬に流行する「かぜ」は気温の低下や乾燥によって活発になるウイルス(インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、RSウイルスなど)によって起こり、主として呼吸器を侵す。一方、夏に流行する「かぜ」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。