健康指導法 子どもの遊びが年齢によりどのように発達変化していくかを例をあげて説明せよ。 試験問題解答例 【良】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,736
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもの遊びは年齢によってどう変化していくかであるが、遊びの発達は子どもの身体能力や認知能力の発達に並行してその種類・形態が広がっていく。遊びは本来自由なものでありその数は無限であるが、乳児期・幼児期・児童期へと成長するにつれ遊び方が大体の方向性を持つようになっていく。シャロッテ・ビューラーの分類でいえば、まず幼児前期までは手足を動かして楽しんだり、音を聞いたり、機能の発達に沿ってその存在を認めたり探索したりする機能遊びをする。そして絵本を読んで楽しんだり、童話を聞いたり音楽を聞いたりして喜ぶような受容遊びが増えていき、幼児期後期には積み木や粘土などでものを作ったり、組み立てたり、描画すると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。