環境指導法 「環境を通してどのような教育が可能かについて」と「動物飼育と植物栽培の教育的意義について」 試験問題解答例 【可】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数565
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     環境を通して習得できるものは決して“物”に関してばかりでも科学と知識・実用ばかりでもない。今まで知らなかった事を知る、気が付かなかったことに気が付くと驚きや感動を覚える。花が咲き、風に乗って散るのも美しく、雷が空を走る様子も美しい。自然環境は素晴らしい芸術の数々があり、感動の源泉でもあるので、科学と芸術の発生源である環境は大切にしなければならない。その環境を大切にすることは自然愛護へとつながる。森林の伐採から砂漠になることや緑が無くなることから再生紙を使うなどのリサイクルについて知ったり、化石燃料の大切さを知ったりと児童に教えることが必要である。
     環境、特に自然という森や山・川・野原といっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。