健康指導法 健康の3つのねらいを述べ、それを保育の場で実現するための方法について 試験問題解答例 【良】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,182
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼児自身が主体的に成長していくために必要なものは何かと考えたとき、心情・意欲・態度を育てることが最も大切である。心情・意欲・態度が育てば幼児自らの力で知識や技能は獲得できるであろう。
     健康の3つのねらいは①明るく伸び伸びと行動し、充実感を味わう。②自分の体を十分に動かし進んで運動しようとする。③健康・安全な生活に必要な習慣・態度を身につけるである。①のねらいは期待される心情・態度の面からのねらいである。子ども一人一人がその子なりにのびのびした感じ、安定した情緒が育つことを期待する意味が込められている。その子なりに自分を十分に発揮できればその課程の中で充実感を持って取り組むことが出来、また結..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。