乳児保育 「保育計画の必要性と基本的な考え方・留意点について」と「育児を巡って保育現場と家庭とどのように連携するかについて」 試験問題解答例 【良】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,867
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     乳幼児はミルクを飲んでおむつを替えて遊ぶという一見この繰り返しであるのだが実際は個々の子どもに対して保育士は異なった関わり方をしている。この関わり方の違いは一人一人の子どもの姿とそれに対応したねらいから生み出される。その課程を明らかにするものが保育の計画であり、全体的な子どもの発育・発達を見通した全体的・基本的計画である。「保育計画」とそれに基づいて具体的に保育実践の手順を表した「指導計画」とを指している。保育指導では「すべての子どもが入所している間、適切な養護と教育を受け安定した生活を送り、充実した活動が出来る様に柔軟で発展的なものとし、また一貫性のあるものとなるように配慮することが重要で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。