乳児保育 「乳幼児の発達を援助することについて」と「乳児保育における『養護と教育』とは何か、また保育者としてどのような配慮・技能が必要かについて」 試験問題解答例 【良】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,442
ダウンロード数23
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     乳児保育を行う際には0~3歳までの子どもの姿・発育・発達の過程がどのようなものかを理解していることが必要である。生まれてから3歳になるまでの3年間は発育・発達の著しい時期に当たる。生まれたばかりの子どもは自分の力で行動することができないので生きていくためには周囲の大人たちの世話が必要となる。食事・排泄に始まり、生活のすべてを大人たちの世話に委ねるのである。乳幼児は全く未熟な存在でありただ寝ているだけのように思えるのだが、外界の刺激には敏感に反応していて視覚・聴覚など五感を働かせ周囲の環境と関わり合うことを通して発育・発達しているのである。自分自身の力で移動できるようになると積極的に環境へ関わ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。