養護原理 「施設養護における家族調整の意義と内容について」と「現代の施設養護の抱える問題点・課題、それらを解消するための方法について」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,665
ダウンロード数59
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     家庭調整の意義とは家庭復帰のために親や家庭に働きかけて家族での受け入れ児童の家族内の位置の確定、時には家族環境が荒廃しているときもあるが、その関係の修復作業など児童を家庭復帰させていくための調整作業のことである。実際には児童が施設に入所していた時点から家庭と施設との関係は開始されることになり、その第一歩として家族の面会がある。面会も親によってまちまちであり、頻繁に来る者やそうでない者、日が経つにつれて足が遠のく者とあり、施設側も親や家族が訪問しやすい環境づくりと連絡を密にした関係作りが求められる。この家庭調整は大切な領域でありまた児童相談所や福祉事務所のケースワーカーと施設側との協働の領域で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。