養護原理 施設処遇における社会福祉援助技術について 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,076
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     施設処遇における展開過程において用いられる援助技術は施設により、また児童により援助を必要とする領域は広い。伝統的な施設では衣食住の提供といった生活型の援助であり、その線所技術でよかったのであるが、現在では対象とする児童により療育やリハビリテーション領域まで展開されることもある。社会福祉援助技術には個別援助技術・集団援助技術・社会復帰技術・地域援助技術がある。日常生活線所技術は入所した児童がその日常生活の展開を通して生活意欲・生活習慣・生活技術を身につけることが行われており、社会的不適応があればそれを修復して心身ともに健全な人格形成をすることも行われている。これらの土台作りは重要である。その土..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。