養護原理 「現代の家族の変容について」と「施設養護の現代的課題について」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数860
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     昭和三十年代後半以降、日本の経済成長は著しいものであり個人所得もあがりそれにともない個人消費も伸び高度経済成長期の大量生産・大量消費の時代に入っていった。このような発展は農林漁業という第一次産業中心の産業から鉱業・建設業・製造業などの第二次産業、そして流通・サービス業を中心とする第三次産業へとその主流を移していった。 
    そのような社会構造の変化と同じように家族も変化している。三世帯家族が主流だったものが少しずつ二世帯、核家族と構成人数が減り、今では少子高齢化と言われるほど子どもの数が減っている。また核家族以外の大学進学者や単身赴任、高齢者の独り暮らしなどの単独世帯や高齢者夫婦世帯も増加し、今..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。