養護原理 児童福祉の理念に照らして家庭と社会にある専門機関・施設とあるべき連携・協力形式・内容とはどういうものか 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,323
ダウンロード数55
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     児童福祉の理念はすべての国民によって正しく認識され守られ実現されるように戦後の児童福祉法の中で定められている。第一条に①すべて国民は児童が心身ともに健やかに生まれ、かつ育成されるよう努めなければならない。②すべての国民はひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない、とあり児童は胎児のときはもちろんのこと出生後の各成長段階である幼児期・児童期・青年期においても健やかに育成されなければならないことを示している。家庭と社会に存する専門機関・施設もこの児童福祉の理念に沿って子育てを行っていくことが望ましい。
     昔から子育ては家庭の中で行われていて、現在もその考え方はあるが、現代社会において両..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。