臨床心理学 「臨床心理学の目的」と「知能検査の個人式・集団式検査について」と「正常・異常の考え方」 試験問題解答例 【良】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,133
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心理学の知識・技術を実際の場面に用いて、個人の困難な人間内部の問題行動の食い違い、人間関係の問題などを解決し「人間の行動を望ましい方向への変容」を追及していくことを目的としている。臨床心理学はある特定の個人が困っている状態を援助する具体的な心理学である。臨床とは身体や精神・心の状態が普通と違って具合が悪く床についている所に援助する人がそばに臨むという意味である。
     次に知能検査の個人式検査と集団式検査についてである。個人式には「鈴木ビネー式知能検査」「田中・ビネー式知能検査」がある。個人式の特徴はその受ける人に応じてきめ細かく知能検査が出来、詳細な結果が得られるという点である。欠点として多人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。