言葉指導法 「子どもの発達に絵本が果たす役割について」と「言葉を育てる言語環境について」と「言葉の機能・言葉と社会の関係について」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,628
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     絵本とは「文字の読みの修得が全く、あるいは十分に成されていない段階の子どもに向けて、絵を伝達の手段とした本。絵のみによる絵本もあるが絵と文字で構成されるのが一般的姿。」とあり「人生において初めて接する本なので特に人間形成に深く関わる。」と一般的な定義がある。絵本を子どもの発達に合わせて、絵と文字構成についてみていくと三段階に分かれる。最初の段階は絵ばかりの絵本である。大人が描いてある絵とその名前を繰り返し言うことにより子どもは絵と言葉の結びつきを覚え確かめるようになる時期である。第二段階は絵と文字のある短い物語で構成されている絵本である。子どもは少しずつ文字を覚えていき何回か読んでもらったも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。