言葉指導法 「言葉の獲得・発達に必要な要因について」と「新入園児への言葉かけの留意点について」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,141
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     言葉の獲得・発達に必要な要因としてまず挙げられることは人的環境に大きく左右されるということである。狼に育てられたアマラ・カマラを例にすると、アマラ・カマラは言葉の獲得時期である幼児期に人間のような言葉を使わずに育てられたのでオオカミのような叫び声やうなり声しか発せなかった。言葉の獲得・発達には親や保護者が使う言葉を聞くことや口の動きを見て真似する・模倣することによって獲得・発達するのである。また言葉の獲得にはこころや精神面の安定も求められる。幼児が自分から話したいという欲求が強いほど言葉を使う事が早まり、それに対して優しく対応してあげることによって言葉の発達が進むのである。保育者がこの要因を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。