教育史 「我が国の学制と義務教育の制度について」と「ルソーのエミールについて」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数879
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学制は学区制を採用し全国を八つの大学区に分けて各大学区に大学校を一校ずつ置き、全国で8つの大学校区をさらに32の中学校区に分けてそこに中学校を各一校ずつ置き、また中学校区をさらに210の小学校区に分けて各一校ずつ、全国で53760の小学校を置く計画だった。
     これら文部省が統轄するというもので文部省・督学局・地方官・学区取締と組織された。学校統計は小学・中学・大学と3段階からなる単一系統が立てられ男女・身分・貧富の差別なく国民全体に開放されたのである。しかし学制が打ち出した国民皆学の理想と現実には大きな困難があった。農業国家であった当時にあっては国民の多くが学校で与えられる教育内容である読・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。