教育史 「スパルタ・アテナイの子どもの教育の比較」と「我が国の戦後の教育改革・教育基本法の制定について」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数983
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本子ども社会女性学校道徳国家学校教育行政

    代表キーワード

    教育史

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     スパルタの子どもの教育は出生から始められる。スパルタは子どもが生まれると「レスケー」という所に連れて行かれ長老の検査を受け健常児と認められなければ公式に国家の子どもとして育てられるようになる。おしめもせず身体を自由にして食物も粗末なものを与え偏食も禁じるなど厳しい国家統制が敷かれていた。一方、アテナイでは七歳頃まで家庭で母親や乳母の保護を受けて育てられ、生まれた赤ちゃんは親の判断で育てるかどうかを決定していた。スパルタでは七歳になると子どもは母親の手から離れ国家の兵営に収容され、知的教育というよりも真大帝教育である体操や球技、拳闘などを重視した教育が行われた。アテナイの教育は体操など身体訓練としての教育はあったものの音楽での唱歌、楽器演奏、読書など知的・道徳的訓練といった教育が行われた。スパルタでは十八歳になると以後専ら軍事教育を受け武器の使用方法や戦闘訓練を積み、そして正式に軍隊に入り十年間国境警備を勤務し、三十歳頃になってようやく大人として認められ、一人の市民として国家に奉仕するようになる。これに対しアテナイは十六歳になると高等体操学校に入り高等な体操の訓練を受けた。この時期には..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。