精神保健 乳幼児期のこころの発達を発達理論に沿って説明 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,501
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     乳児期とは出生後より自分の力で歩き始める一歳までの時期を指し、この時期のこころの発達とは人生において知能・性格・感情の基本を形成するものでとても重要なのである。有名な発達段階に照らし合わせると、ピアジェの認知能力の発達段階の場合感覚運動的段階であり、またフロイトのリピドー発達段階では口唇期となっている。乳児期は外からの刺激を受けてそれを快とするか不快とするかで表され、笑う・泣くなどの行動が行われるようになる。また次第に母親にくっついていることから好奇心や興味が強くなり母親を中心基地とした探索活動がなされるようになる。また五~六か月頃に社会的微笑が始まる。そして八か月頃になると人見知りと言われ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。