児童福祉 ひとり親家庭への福祉施策について 試験問題解答例 【良】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,109
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ひとり親家庭の生活問題に対して母子及び寡婦福祉法を中心として児童福祉法、国民年金法、児童手当などによる施策が講じられてはいるが、ひとり親家庭に対する唯一の法律である母子及び寡婦福祉法は貸付金制度を中核とした法律であり、今日の多様化する母子家庭の福祉ニーズに十分対応できているとは言い難い。また父子家庭については現行の母子福祉施策を部分的に援用する形での施行があるにすぎず、極めて不十分と言わざるを得ない状況である。
     母子寡婦福祉施策として母子相談・母子福祉金の貸付・生活援助・就業援助・母子福祉関係施設の活用・経済的支援があげられる。母子相談は福祉事務所に配置された母子自立支援員が行い、母子家庭..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。