小児栄養 「幼児の偏食について」と「離乳食の必要性・離乳の計画・進め方について」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,320
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼児期になると精神発達に伴って自己主張が出てきて、食生活においても好き嫌いという形で表現が出てくる。たいていの食品は成長に従って、あるいは食生活の慣れによって嗜好が変化し食べることができるようになる場合が多いものである。しかし、嫌いなものを長期間食べなかったり、好きなものばかり食べるような偏りが続くと身体の発達に影響する可能性も出てくる。また生活習慣病につながることもある。大人が子どもの好みを受け入れてしまったり家族に好き嫌いがあると子どもにその食材を食べさせる機会が少なくなるので、大人が子どもの偏食を作らないように注意しなくてはならない。偏食の原因としては、一、多種類の食品や料理を食べる機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。