保育原理 「幼稚園と保育所の違い」と「保育所の延長保育や多様化する保育サービスについて」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,310
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼稚園と保育所の違いであるが幼稚園は文部科学省の管轄であり学校教育法を根拠法令としている。目的として適当な環境を与え、その心身の発達を助長することとしている。対象が満三歳から小学校就学の始期に達するまでの幼児として保育は幼稚園教育要領にのって行う。教員も幼稚園教諭免許状が必要である。設置者は国、地方公共団体、学校法人などがあり、市町村立の場合は都道府県教育委員会、私立の場合は知事の許可が必要である。
     次に保育園であるが保育園は厚生労働所の管轄であり、児童福祉法を根拠法令としている。「日々保護者の委託を受けて保育に欠けるその乳児または幼児を保育することを目的」としている。これにより対象も保育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。