保育原理 「フレーベルの幼児教育思想について」と「保幼二元化政策・一元化への動向について」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,008
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     フレーベルは幼稚園の創始者であり、幼児教育のために子どもが熱中して遊べる恩物を考案した人物でもある。有名な著書に「人間の教育」がありその中の最初がフレーベルの教育理論を表している。「すべてのもののなかに、永遠の法則が宿り、働き、かつ支配している。・・・このすべてのものを支配する根底に、すべてのものを動かしそれ自身において明白である。生きた、自己自身を知る、それゆえに永遠の存在する統一者が必然的に存在している。・・・この統一者が神である・・・。」とこのようにフレーベルによれば、神は宇宙の本質であり、万物に内在し、万物に命を与えている。こうした「万物在神論」に立って子どもの中に宿る神的なもの、つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。