社会福祉 「ソーシャルワークについて」、また「ソーシャルワーカーとしての保育士の機能」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数959
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワークは社会福祉援助技術と言いかえることができ、社会福祉における要支援者に対してソーシャルワーカーの用いる援助技術の総称である。ソーシャルワークの原理として客体的側面と主体的側面、全体性の原理、社会性の原理、主体性の原理、現実性の原理があげられる。客体的側面と主体的側面というのは例えば主婦のAさんは体調が悪く困っているとする。この問題を解決するには患者として長期入院すればよいという社会関係の客体的側面を期待しているといえる。しかし彼女には幼い娘がいて夫は仕事で娘の面倒を見ることができないため長期入院という選択は困難である。単に長期入院すればよいということでは済ますことができず、Aさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。