発達心理学 「人生最初の三年間の上手な育て方」、「言葉の発達とその環境」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数388
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生後およそ三年間のうちにどのような育児をすれば素晴らしい子どもが育てられるかということをホワイトは確立した。ホワイトは三歳までの時期を七期に分けて、それぞれの期間での上手な育て方、好ましくない育て方について述べている。誕生から六週間までは子どもに可愛がられていると感じさせ、特定の技能の発達を助け外界に対する興味を持たせることがよいとしている。六週間から三ヶ月半までは可愛がられているということを続けて感じさせ、首のコントロールなどの特定の技能の発達を助ける。周りの世界に対する興味を続けて持たせることがよいとしている。三ヶ月半から五ヶ月半では可愛がられていることを続けて感じさせ、運動・技能など特定の技能の発達を助ける。言葉をよく使い話しかけるなどを多くする。また外界に対する関心を高めるのである。五ヶ月半から八か月では可愛がれていることを続けて感じさせ、言葉の獲得に向けて多くの言葉や会話に触れさせることをし、簡単にできる問題や障害物などを置くなどして達成感を味わせることをするのである。また運動能力も高まってくるので怪我に気をつけながら外界に興味を持たせるのである。八か月から十四か月では運動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。