発達心理学 「人間の発達について」と「新生児、乳幼児期の発達に好ましい初期学習について」 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,295
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     発達とは卵と精子が受精したときから始まり、誕生という母体からの独立を経過し一人の人間として成長し、社会の中で市民として生活し、子どもを作り育て、生きがいを見つけついには死に至るまでの一生における肉体的・精神的な面に現れる量的・質的変化の過程を意味している。 
    子どもの頃の発達は生物学的なもので発達していく成熟の生物的な計画が脳の中に用意されているように身長・体重の増加、歩行や運動能力の獲得などがある。成人期の変化は文化的・社会的な要素が強い。見た目では子どものころに比べると変化は乏しいが、就職・転職・結婚・離婚・子育て・病気などのさまざまな変化の影響を精神的に受ける。成人期はそのような経験を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。