国語 浦島太郎、グリム兄弟を児童文学史の観点からの説明。 試験問題解答例 【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,064
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     浦島太郎は日本の昔話よく知られている作品の一つである。浦島太郎の原形は日本書紀や丹後風土記にも伝えられている。現在の浦島太郎としてあるストーリーはお伽草子に書かれているものが年月がかかって作り変って行ったものである。原形と現在の話の流れはほぼ同じだが原形のほうは浦島自身が亀を釣ったこと、死なせてはかわいそうだから逃がしてあげたこと、その逃がした亀が女性となって舟で浦島を迎えに来たことなどの違いがある。玉手箱を開けた後の浦島についても老人になって死んでしまうのではなく、鶴となって飛び立つという表現がなされている。この鶴となって飛び立つという表現は古来の鶴は千年生き、亀は万年生きると信じられてき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。