臨床心理学 臨床心理学とは リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数561
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     臨床心理学とは人の心理、人間の内部に存在する気持ちという部分において困っていること、悩んでいることを相談してどのようにすればその問題を解消できるのか、その問題を良い方向に持っていくことが出来るのかを一緒に考え実践する学問である。現代社会ではストレスがとても多く、大人社会だけではなく子ども社会でも学校での勉強、友達関係や親子関係などの人間関係に悩むという問題が大きな話題を呼んでいる。
     企業などにはパワーハラスメントや仕事上の人間関係に悩む人の相談窓口として臨床心理学の専門員を置くケースが増えている。また子どもたちが通う学校などにも凶悪事件が起きた場合には子どもの心のケアを行う目的とした相談員や心理カウンセラーを派遣することが多くなっている。
     臨床とは心の状態や身体の状態が普段と異なっていて悪く、寝込んでしまっているところに相談者がその床についている人の悩み事や体の具合などを聞き臨むという意味である。この時に必要されるのは心理学の専門的な知識や技能、それだけではなくその人の気持ちになって何でも受容しますよという姿勢、何でも話せる間柄になれるような雰囲気作りや誠実性、真面目さなどの信頼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。