精神保健 乳児期から児童期までのこころの発達理論について リポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数2,667
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     乳児期から児童期までのこころの発達理論であるが、有名な発達理論にフロイトの精神・性発達段階説、エリクソンの発達段階説、ピアジェの精神発達段階説などを挙げることができる。私がこの設題を選択した理由は、将来保育所や幼稚園で働きたいと考えており、確実にその生活で接する子どもたちの精神や心情に形成されるもの、形成されなければいけないものをしっかりと頭の中に知識として蓄えて、いつでもその子供たち一人一人の精神、心情の形成状況にあった対応ができるようにしたいのでこの設題を選んだ。
     子どもの乳児期は母親から生まれた時から始まる。いつまでが乳児期なのかについては、生後一年間、歩行開始時期まで、満二歳までといくつかの説がある。乳児期というものはフロイトの精神・性発達段階説で言うと「口唇期」にあたり、エリクソンの発達段階説でも「口唇期」と名付けられており、発達課題としては幼児が母親との基本的信頼関係の築くことができるかどうかが挙げられており、またピアジェの精神発達段階説では感覚運動の段階で原始反射の使用がなされる時期とされている。実際、0歳から一歳六か月の乳児は幼い時ほど原始反射により母乳を飲んだり手..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。