精神保健 子どもの心のつまずきについて リポート評価【C】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数453
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもの心のつまずきについて述べていくのだが、私がこの設題を選んだ理由として、私は学童保育をしておりその子どもたちを見ていてもその家庭環境は複雑であり、少なからず一つは心に問題を抱えていそうな感じである。顔の表情や体調に出るものもあれば問題行動として出る場合もあり、この設題を学習することによって問題な場面にあったとしても対処に向かう考え方ができるようになりたいと思いこれを選んだ。
     子どもたちも様々な心の問題を抱えている場合があり、心の病気の大まかな原因は心の発達障害と家庭内環境や保育所などでの生活の影響を受ける心理的要因の二つに分けることができる。子どもの心の問題が障害となると、単なるつまずきを超えて、その障害自体は完全に治すことはできす、また社会で生きていく上で大なり小なり不便をもたらす。心の問題が家庭内環境や保育所などによる生活から影響する心理的要因とは極端なものだと親や保護者からによる虐待やいじめ、親が精神的疾患にかかってしまっていて、子供への対応が不適当により子どもの心や精神面に影を落としてしまっている場合がある。そのような心の問題に対面した場合、保育者はどのように対応して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。