健康指導法 子供の遊びについて リポート評価【C】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数759
ダウンロード数25
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子供の遊びについてだが、まず遊びについての定義をしたいのだが、遊びいう括りはとても抽象的であり、一つの事に決めるということは難しい。特に人間は他の高度な知性を持った動物に比べ遊びが多様化、複雑化していて、成熟してからも遊びを多く行い、生きていく上では全く不要と思われるような遊びも多く見受けられる。また遊びは個人の性質に大きく左右されすべての人間に共通して楽しまれるということは少なく、好みが分かれることが少なくない。またままごとのように社会生活を子供たちは自分の解釈によって演じることを好み、普段の親の会話や仕草を取り入れ反映させ遊ぶ。このことによって小さな子供社会を形成し実生活にも役立つような知識を覚えていくのである。人間は他人から強制されて勉強や訓練されることを苦痛に感じるが、それが遊びやゲームになると自ら進んで楽しく行う。これを利用して算数の九九、漢字の書き取りを行うと楽しく学習することが出来て効率的でもある。このことから学習することも遊びの一種として考えることも出来るのである。
     遊びの果たす役割というものを考えてみると前述にも少し触れたように大人が作った社会生活をごっこ遊びによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。