健康指導法 「健康」と他の領域がどのように関連しあっているか リポート評価【C】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,461
ダウンロード数46
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼稚園教育要領には五領域が定められており「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」と分けられている。「健康」とは幼児の生活、活動一般や生活習慣の形成、心身の健康に関する項目である。「人間関係」は社会性や規律、ルールを守ることを身に付け人との関わるちからを養うことを目的とした項目である。「環境」は興味関心や好奇心を持って、自分の周りの自然や事象、事物を自分の生活に取り入れていこうとする力を養うことを目的とした項目である。「言葉」は自分の気持ちや経験したこと、考えたことを言葉によって表現する力を養うという領域である。「表現」とは自分が感じたことや考えたことを自分なりに創作物や体で表現する力を養うという領域である。
     このように幼児教育において領域が五つに分けられているものの、実際には幼児の発育発達、生活はそれぞれが独立したものではなく相互に関連、影響し合っている。
     「健康」と他の領域がどのように関連しあっているかであるが、幼児が生活をする、発育発達するためには何よりも自らが健康で安全を維持していくこと、心身の健康が根底に位置し、それが基盤となり「人間関係」「環境」「言葉」「表現」がそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。