養護原理 現代社会の状況  リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数732
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代社会の状況、情勢は子どものくらしを左右する最も基礎的な環境である家庭環境及び地域環境が急激に変化していることが言える。
     一昔前までは祖父母、夫婦とその子どもと三世代世帯が主流であったものが現代では、夫婦とその子どもという核家族形態が主流となっている。現代社会の背景には社会経済の急激な成長、少子高齢化社会の到来など諸状況がめまぐるしく変貌し、それに合わせるかのように両親の共働きの一般化、労働形態の多様化や単身赴任、離婚の増加、競争社会のストレスの家庭への浸透、専業主婦の孤立など児童擁護、育児に関する状況も変化している。
    子どもにとって家庭と社会は切り離すことが出来ない密接な関わりを持ち、子どもの成長発達に欠かせない存在である。家族は時代や文化を超えて社会の基礎集団であり、通常、人間は家族の中に生まれ家族によって社会的人間に育てられる。しかし、現代社会においては前述のような家庭環境の変化によって仕事と子育ての両立が困難になっているのである。また人間関係の希薄さも指摘されており、子育てに関する情報交換、協力関係を築くことも出来ず孤立してしまうなど子育てが困難になるということを認識してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。