保育原理 幼稚園教育要領  リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数916
ダウンロード数13
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼稚園教育要領は昭和三十一年に最初の国家基準としての幼稚園教育要領が交付され、幼稚園の教育内容について小学校との一貫性を持たせる点が強調されていた。また初めて「健康、社会、自然、言語、音楽リズム、絵画製作」という六つの領域という概念が取り入れられたのである。この幼稚園教育要領は昭和三十九年に改訂され同じく六領域にわたって二十二の小領域と百三十七の目標項目が付け加えられたのである。これらによって以前よりも独自性や領域という特性を強調したのである。また平成元年にも幼稚園教育要領が改訂され第一章の総則に幼児期の特性を踏まえ環境を通して幼稚園教育を行うものとすると定め、教師についても信頼関係を十分に築くこととしている。この平成元年の改定から今まで六領域だったものが「健康、人間関係、環境、言葉、表現」の五領域に変更された。また平成十二年四月一日から現行の幼稚園教育要領に改正され、五領域はそのままに幼児に人間性や道徳心を身に付けさせることを新たに盛り込んだ内容を展開している。
     領域についてであるが五領域の一つ目である健康は心身の健康に関することについて定められている。健康でいるためには幼児の日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。