保育原理 幼児教育の指導方法  リポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数655
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼児教育の指導方法に関する方法原理は、自発性の原理、興味の原理、経験の原理、個性化の原理、社会化の原理と五つあり、どれもが幼児教育の目標達成のためにすべての年齢段階における幼児に対して、すべての領域について当てはまるものである。
     まず一つ目に自発性の原理であるが、これは自分自身から活動をすることが自分自身にとっても一番効果的なことである。他人から命令や強制によって嫌々やらされているのでは何事においても上達は遅いのである。特に幼児期は生涯の人間性の基礎作りの時期であるからこの時期にやる気、自発性を養っておかないと今後の活動全般に影響を及ぼしかねないのである。この自発性というものは好奇心や求知心といった探求欲であるのでその欲求を満たすような創造的活動を行える環境作りも重要になってくる。幼児の自発性というものはいつも一定というわけではなく気まぐれ場合が多く見られるので自発性を呼び起こし、促す教師の側からの誘因や働きかけが必要になる。教師の指導や働きかけは自発性を引き出すためのきっかけ作りだけではなく、活動が終わった時の「よく出来たね」のほめ言葉、「次は頑張ろうね」などの励まし言葉によって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。