保育原理 西洋近世教育思想史 リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,584
ダウンロード数11
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     西洋近世教育思想史の流れの中で幼児教育に関する思想と業績を展開した人物は有名な人物としてコメニウス、ジョン・ロック、ルソー、ペスタロッチ、オーウェン、フレーベル、モンテッソーリと七人を挙げることができる。
     まず始めにコメニウスであるが、近世教育思潮の初頭において「大教授学、すべての人にすべてのことを教える普遍的技術」という著書を出版し、幼児の一人を個人として取り上げ、幼児中心主義的な教育原理を導き出そうとしたのである。また男女すべての青少年を地位や貧富の差に関わらず全員を就学させることである国民教育にも力を注いだのである。その第一段階として六歳までの幼児期に感覚を重視した教育である母親学校を開設した。また挿し絵入りの教科書である「世界図絵」を作成したりと、近世実学主義教育思想の始祖や近代教育学の父とも呼ばれる人物である。
     次にジョン・ロックであるがイギリスの名誉革命の思想家として名高いが家庭教師としての経験を生かして「教育に関する考察」という教育論を公にしている。またロックの有名な論説に、「人間の心は生まれたときは白紙(タブラ・ラサ)の状態であり、どのようにも変化し得るので正しい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。