社会福祉 貧困  リポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数705
ダウンロード数12
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代社会に定められている貧困問題に対する施策は「生活保護法」「児童福祉法」「身体障害者福祉法」といったような、第二次世界大戦敗戦後における戦災孤児や浮浪者、引揚者、戦争によって障害を持った人々の生活を援護し保護していくことを目的として制定された。第二次世界大戦敗戦後の日本は空襲などにより多くの人が住むところが失われ、食べ物や衣服の獲得も困難であった。闇市などが開かれ、お金や着物など売るものや交換が出来る人はそこで食料を買い求め、それららができずお金も無い人たちは食料を得ることが出来ないといった貨幣的貧困が蔓延していた。このような貨幣的貧困を解消するために最低限の人間らしい生活を保障する生活保護法、戦災孤児や戦争で負傷した人たちを援護、保障する児童福祉法、身体障害者福祉法が定められた。
     次に戦後復興も軌道にのり、高度経済成長期を迎えた日本は、戦後まもなくよりは貨幣的貧困は減ったものの、経済成長を優先させたために起きた水俣病などの公害病や、サリドマイドなどの使用により発生した薬害病問題が発生した。それらの被害者は国からの救済措置や施策制定の遅れから貧困に陥ることが多かった。また急激な社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。