児童福祉 里親制度  リポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数907
ダウンロード数18
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもを育てるにあたり、家庭で児童養育が困難な児童に対する代替的養護を行う場として、乳児院や児童養護施設などの生活型施設による「施設養護」と里親による「家庭的養護」がある。家庭的養護の目的は、一般的な家庭環境の中で小規模グループケアを行い、児童の情緒的安定を図り、児童の抱えている精神的な問題や課題を軽減または解消すると共に社会的自律を容易に行うことができるための基本的な生活習慣、生活技術、社会常識を身につけられるように支援することとしている。一般的な家庭環境のなかで子どもを養育するものとして第一に里親制度を挙げることができる。里親制度は戦前から社会的養護の一端を担い押し進められてきたのだが、国の制度として位置付けられたのは児童福祉法が制定された翌年の昭和二十三年十月の「里親等家庭養育の運営に関して」というものからである。これによって日本の里親制度は公に社会的養護の重要な施策として位置付けられた。
     里親制度の意義としては、家庭での養育に欠ける児童に、その全人格を養護、育成するための温かい愛情と正しい理解をもった家庭を与えることにより、児童の健全な育成を図るものであるとしている。里親制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。