教育心理学 問題行動について リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数746
ダウンロード数11
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     問題行動を起こしている幼児の事例としては、言葉使いが悪く強情な性格なために友達と遊んでいてもすぐに思い通りに行かないということで口論、けんかになり仲間から外れ一人で遊んでいる子がいる。その子は子供同士だけではなく大人に対しても同様に命令口調や罵声に似た汚い言葉をぶつけてくるのである。
     普段の生活を観察していると遊んでいるときに自分のやりたいことがやれない、みんなが出来ていることが出来ないとき、自分の立場が悪くなるとき、例えば鬼ごっこで遊んでいるときに鬼になりたくないがために明らかにタッチされた場合でも「タッチされてない。」と言い張り、仕舞いには「自分だけが一回もタッチされなかった。」と自慢気に話す、などに自分の欲求不満のはけ口として相手を馬鹿にするなど口論からけんかに発展していることが少しずつ分かった。その子がいつも自分の都合の良い方に持っていってしまうので一緒に遊んでいる友達は嫌気がさして離れていってしまっているのである。これらの問題行動は攻撃的な問題行動であり、意地悪やわがまま、反抗といった類で情緒、性格における問題だと考えた。
     このような意地悪、わがまま、反抗といった問題行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。