教育心理学 パーソナリティ リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数829
ダウンロード数9
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     パーソナリティという言葉は日本語で「人間性」や「性格」という言葉に訳され、人間一人ひとりによって異なり完全に一致するようなことは無いのである。現代でもそうであるが昔から血液型から始まり名前や生年月日などによる性格判断が行われていて人間の性格を分類しようとしている。その性格の分類方法は気質説やクレッチマーの体型説、シェルドンの体系説、ユングの向性説などを挙げることができ、性格検査の種類としてYG性格検査やミネソタ多面人格目録、クレペリン作業検査、ベンダーゲシュタルテストや投影法などが確立され、性格や心理を読み取る手段として活用されている。
     幼児または児童の学習は興味関心の強いものほど意欲的に取り組む傾向があるが、幼時または児童のパーソナリティ、人間性や性格も学習に及ぼす影響は強いのである。
     ここでの学習というものは、言語、計算、認識、作法、習慣などの習得や形成のように後天的要因に規定される面が大きい発達のことを言い、経験や練習による行動の変化のこととする。また事故によって脳などに障害を持ってしまい異常な行動をする場合や病気による変化は学習とは呼ばない。
     幼児または児童の性格の例と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。