カウンセリング概論 カウンセリングを保育の場でどのように実施することが可能か リポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数518
ダウンロード数11
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     カウンセリングを保育の場でどのように実施することが可能かという考えを述べていくのであるが、私がこの課題を選んだ理由は、私は学外児童保育の仕事に関わっており入ってくる子どもの顔が暗い感じであると何かがあったのか、悩んでいることがあるのかなどを上手に聞き出して解決や良い方向へと向かわせてあげたいのだが、核心そのものを突いてしまって話し難くしたり、回りくどくしてしまい時間だけが過ぎていくような状況になってしまうことがある。一緒に遊ぶ、表現することを通してその子どもに安心感や悩みを打ち明けようという気持ちを起こさせてスムーズに自然な形でアドバイスや気持ちを晴らすようなカウンセリングが出来るようになりたいと考えたので選んだのである。
     まず保育の場という所がどこであるかと考えると家庭、保育園や幼稚園、児童養護施設などを挙げることができる。保育の場という言葉の本来の解釈は、乳幼児のような自分だけでは生命活動の維持が出来ないような子どもを保護養育し生命の保障を行ったうえで生活能力を学ばせることであったが、現代の保育の場という言葉の解釈は子どもの保育や教育を行えば良いという役割だけでは十分でなくなっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。