小児栄養 離乳の定義、役割、離乳開始からの与え方 リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数952
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     乳児は生後、母乳や人工乳によって栄養を取る。乳児は生後五、六ヶ月までは母乳や混合あるいは人工栄養などの乳汁だけで健康と正常な発育を維持できるが、このまま乳汁だけの状態を続けていると病気に対する抵抗力が弱まり、貧血傾向になり筋肉は弾力を失い体重の増え方が悪くなる。生後五、六ヶ月頃を過ぎると乳児の栄養要求量を水分の多い乳汁だけでは満たすことが出来なくなるのである。また乳児自身も乳以外のものに対して関心を持つようになり、また七ヶ月頃になれば粒のある食物を与え、舌の運動を刺激する必要があるとも考えられる。そこで生後五、六ヶ月頃に離乳が始められるのである。
    離乳とは母乳または育児用ミルク等の乳汁栄養から幼児食に移行する過程をいう。この間に乳児の摂食機能は乳汁を吸うことから食物を噛み潰して飲み込むことへと発達し、摂取する食品は量や種類が多くなり、献立や調理の形態も変化していき、また摂食行動は次第に自立へと向かっていく。離乳の開始ははじめてドロドロした食物を与えたときをいう。果汁やスープ、おもゆなど単に液状のものを与えても離乳の開始とはいわない。次第にドロドロしたものを飲み込むことからやわらかい食..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。