保育者論 保育者の資質 リポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,614
ダウンロード数13
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保育者の資質とはどのようなものであろうか。子どものことが好きであることは根本になければならないが、ただ子どもが好きだからといって保育者が務まるわけではない。保育者として専門知識や技能を持っていることを前提として、子どもたちから慕われ、親しまれ、尊敬されるような態度を取り続ける必要がある。保育園や幼稚園時の子どもたちの成長発達の目標として保育園の保育所保育指針の第一章総則には「保育所は、乳幼児が生涯にわたる人間形成の基礎を培う極めて重要な時期に、その生活時間の大半を過ごすところである。」とし、幼稚園の幼稚園教育要領第一章総則のニ項幼稚園教育の目標には「幼児期における教育は、家庭との連携を図りながら、生涯にわたる人間形成の基礎を培うために大切なものであり、幼稚園は幼稚園教育の基本に基づいて展開される。幼稚園生活を通して生きる力の基礎育成するよう学校教育法第七十八条に規定する幼稚園教育の目標の達成に努めなければならない。」と規定している。
     保育所保育指針や幼稚園教育要領にあるとおり、この時期の子どもは生涯にわたる人格形成の基礎がなされるので、これに関わる保育者いかんによってその子どもの人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。