小児保健 小児栄養の意義 リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,263
ダウンロード数2
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生物体は外界より必要な物質を摂取し排泄するなどの生命現象を営んでいるが、このようなすべての生活現象を栄養という。ヒトの場合は食物を摂取して生命を維持し、発育し、さらに活動をしているわけで、栄養を良くすることは、健康の保持増進に必要な条件となる。健康の保持増進は栄養素の摂取のめでなく、規則正しい生活や適度な運動、十分な休養と精神の安定を図るなど生活要素のバランスが重要なこととなっている。小児は成長において発育途上であり、その発育は遺伝によるものと環境によるものの影響を受ける。栄養は後者の環境の部類に属し、環境の中でもとりわけ重要な部分を占めるのである。発育過程における栄養が良く摂れるか摂れないかは、その時の小児の健康や発育状態だけではなく、将来の健康や食生活に影響を及ぼし、身体の発育だけではなく精神の発達にもおおきな要因として関わってくるのである。
     栄養状態が悪ければ活動に必要となるエネルギーとしての栄養量の確保が難しく、それどころか身体の成長、例えば身長を伸ばす、体重の増加、骨や筋肉の強化などに必要とする栄養漁に場で行き届かない。また栄養が不足すると体内の抵抗力や免疫力が低下して感..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。