小児保健 小児の特性 リポート評価【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数558
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小児は成人と比較したとき、体は小さく未熟で、疾病に対しても抵抗力や免疫力ともに劣っているのでちょっとした病気でも重篤化してしまう場合が多々見られる。精神面においても成人と比べると人格の形成、感情の分化など発達途中である。人間関係については、成人と比べると、親からの影響が大きく関わり、家族構成、親の労働環境などの要因が子どもの身体面、精神面の成長発達を左右してしまうこともある。
     これらのことから小児の特性として身体面の特性、精神面の特性、人間関係などの社会面における特性の三つに分けて考えていく。
     まず一つ目である身体面の特性である。小児は母親から誕生した時から、二十八日未満を新生児期、新生児期を含んだ一年未満を乳児期、一年以上就学前までを幼児期、小学校入学から高等学校卒業までを児童期をそれぞれ呼ぶ。乳児期、幼児期の健康においての特性は未熟であることが挙げられる。健康な状態なのか病気にかかってしまっている状態なのかの見分けが難しく、病気の診断や完治したかどうかの判断に悩むことが多い。これはいつまでも未熟のままなのではなく日々を過ごすことによって少しずつではあるが成熟に向かって成長発達..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。