図画 子どもの絵を審査する  リポート評価【C】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数335
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもの絵を審査する、あるいは児童画展を鑑賞する時、私たちは子どもの表現のどんなところに注目して見ればよいのか。
     子どもの絵、児童画を描く技術のみを見ただけで上手である下手であると判断を下すのは、絵に描かれている子どもの表現をきちんと理解、評価をしているとは言えない。大人が描く絵に比べると写実性や技術は大変劣っている。そのような技術だけを評価すると子どもたちが本来持っている躍動感や柔軟な発想が失われるだけである。よって大人の描いた絵を評価する基準、鑑賞する目線が同じでは子どもが描いた絵が何を一番に訴えているのかが見えては来ない。鑑賞している絵を描いているときの子どもたちの感じたことや楽しい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。