言葉指導法 言葉の獲得・発達について リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数863
ダウンロード数17
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     言葉の獲得、発達は言葉を聞くことによって行われる。今日言葉の乱れや言葉遣いの汚さが目立ってきている。人は外見で判断されてしまうのと同じように、言葉遣いによってもその人の性格、人間性、生育環境が出てしまったり、疑われてしまうことになる。逆に正しい言葉遣いをすることで信頼感や好感を持ってもらうための足がかりになるということであり、社会生活を円満にするためには必須である。幼児期は言葉の著しい発達時期であり、家庭生活での会話、テレビ番組から聞こえてくる言葉を覚え自分も使おうと試みようとする。しかしその中には乱れた言葉、汚い言葉が含まれており、相手を傷つけてしまう、侮辱するような言葉がある。常日頃から親や教育者は言葉遣いに注意を払い、正しい言葉を幼児に覚えてもらえるように努力しなければならない。私も幼児の前での親との会話で気をつけている。この言語発達の要因を学び今一度自分の言葉遣いを見直し、真似されても困らない環境つくりをしたいと思う。
     言語の発達要因は人的環境に左右されるということが大きな要因といえる。狼に育てられた子としてインドで見つけられたアマラ、カマラの事例から分かるように言葉という..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。