発達心理学 賢い子どもを育てる方法  リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数420
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     賢い子どもを育てる方法や愚かな子どもを育てる方法はよく議論に挙がるテーマの一つである。医療が発達して赤ちゃんの死亡率が下がり、生まれた子が皆成長するようになってからは子育てに関心を抱く親は少なくない。ドーマンは幼児の存在能力の高さを発見し、「子どもを賢くする方法、愚かにする方法」と、子どもの接し方についてまとめた。その中から十項目を解説していく。
     一項目にはそれぞれ、「教えることはすばらしいことであり、自分の特権だと思って教える」と「特権としてではなく、義務感から教える」とある。教える側自身の考え方は言葉にせずとも表情や態度、雰囲気から子どもに伝わってしまうので形から入るときも抜かりが無いようにということである。教える側としては自分のコントロールが出来ることが最低条件である。
     二項目には「大声ではっきりと、熱意をこめて話す」と「単調に、つまらなそうに話す」とある。大声と言っても威圧的ではなく相手に聞えやすいようにという意味で、子どもに内容が面白いと興味を持たせる第一段階である。つまらなそうに話せば大人でも興味や意欲は湧かない。熱意は態度に出てくるものであり教える側も熟知をしていな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。