発達心理学 叫声期・喃語期・模倣期・有意語期・文章期  リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,696
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人間はあらゆるコミュニケーションをとるために言葉を使う。自分のしたいこと、相手にして欲しいことなどの欲求を伝えたり、ある場所に食べ物がある、その場所は危険であるというような我が身を守るための情報の伝達手段として使われる。
     しかし、人間は誕生した瞬間からそのような欲求や情報を性格に伝える言葉を使うことが出来るわけではなく、成長・発達することによって徐々に言葉・言語を獲得するのである。ではどのようにして我々は言葉・言語を獲得するのであろうか。
     生まれたばかりの人間の赤ちゃんは、生まれた瞬間から肺呼吸とともに産声を上げる。これは周りの人に自分の存在がここにあるということを知らせているのである。人間以外の動物でも例えば鳥のヒナでも、卵から孵化したときには巣の中で「ピーピー」と鳴き親鳥に自分の存在を知らせている。これは自分の生命を守るために生きるための本能として備わっている。生まれたての赤ちゃんはまだ自分一人では食欲など様々な欲求を満たすことが出来ないので泣くことによって相手に知らせ、様々な欲求を満たしてもらおうとするのである。このような時期を叫声期と呼ぶ。始めのころは同じような泣き方なの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。